みなさんの多くの方は残業をしていると思います。ですが、最近はブラック企業というのもクローズアップされるようになり理不尽なサービス残業は許さないという世間の風潮が出てきました。 なので、最近はサービス残業をさせにくくなってきていると思います。ですが、それは全国に数え切れないほどある企業のほんの一部にしか当てはまらないというのが現実です。 それは、なぜかというと、大企業はサービス残業に頼らなくても十分に利益を出せていけると思いますが、中小零細企業はそうはいかないからです。 それはどういう事かというと、今まで中小企業というのは社員にサービス残業をさせてきたからこそ利益がそれなりに出せていたという悲しい現実があるからです。 ですから、今世間がサービス残業にノーと言ったところで会社が潰れては元も子もないないです。 なので、ある意味会社の存続を盾にして中小企業はサービス残業をさせています。 ですので、この状況を何とかしない限りすべての会社からサービス残業がなくなる事はないです。