サッカーのテクニックといえば、リフティングだったりフリースタイルのようなものを思い浮かべます。一般的にはボールを意のままに扱える技術がこれに相当しますが、それだけではサッカーの試合で活躍する事が出来ないのも事実です。サッカーを始めた子供の頃は、そういう技術を習得する練習が多いのは一般的です。問題はそれらを会得し次のステップに上がる時だと考えます。  サッカーはチームスポーツで試合で勝つ事を最終的な目標にします。試合に勝つにはいろんな練習が必要になり、その練習の一つ一つにも意味があります。特に時間を割いて行う練習に「パス」があります。非常に単純で退屈なプレーに思えるパスですが、試合を構成する要素のほとんどがパスであり、これを自在にやらなければ試合に勝つ事はかなり難しくなるのです。スキルを上げようと長距離のパスを練習したりしますが、実際の試合ではあまり使う機会が少ないので、短距離のパスを練習する時間を割くべきだと感じます。