数ある資格の中でも、簿記の資格はかなりの人気があります。 大学生はもちろん、社会人の受験者も非常に多いです。 さて、簿記の資格に関してですが、簿記3級と簿記2級に関しては、独学でも十分合格することができます。 そこまで難しい内容は出題されませんし、基本をしっかりとマスターして、過去問で演習を重ねていけば、半年ほどで簿記2級までは取得できるようになります。 しかし、一方で簿記1級に関しては、かなり難易度が高いです。 簿記2級と簿記1級では、凄く難易度に大きな差があります。 簿記2級を取得してから、さらに1年以上学習時間を費やして、ようやく合格できるかどうかのレベルだと言えます。 しかも、学習内容もかなり難しくなるので、簿記1級を目指す人は資格の学校などを目指す人も多いです。 ただ、簿記1級は独学でも取得することはできます。 確かに学習内容は難しくなりますが、会計士試験のように出題範囲は広くないですし、あくまでベースは簿記2級までの内容なので、独学で合格することは十分可能なのです。